2010年02月22日

資格が取れる学校

資格を取得するときの勉強法として、学校に通うという手段があります。

独学で勉強していくほうがよいという人はいいかもしれませんが、なかなか手をつけづらい資格も中には数多くあります。

そこで学校へいって勉強という道が現れてきます。

学校といっても、専門学校、資格スクール、通信講座と大きく3つに分けられます。

資格について時間を多く費やせるというなら専門学校がよいでしょう。

今は数多くの専門学校が全国各地にあり、さらにその取得したい資格によって細かく学校が分けられています。

資格の取得率(合格率)もかなりの高率のことがほとんどです。お金と時間に余裕があればまず専門学校でしっかり学ぶことがよいでしょう。

次に資格スクール、通信講座です。

これらも年々増加しており、取得したい資格のものは必ずといっていいほど存在するでしょう。

しかし、その数ゆえ、特に通信講座に関していえることですが、詐欺には気をつけなければいけません。

インターネットで調べれば、その膨大な数に驚かされます。

どのスクールも通信講座も、謳い文句は似たり寄ったりで、選択の決め手があまりありません。

ここは良いというような確実な情報が自分にあったり、経験者がまわりにいれば選びやすいでしょう。

わからない場合はまず大手企業のものを選ぶことです。

とはいえ、選べばこれらスクールも資格の取得に大きな助けとなるでし
ょう。
posted by 営業マン at 10:55| 資格取得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

パソコンの資格

パソコンに関する資格は、近年のネットワークの充実と共に増え、さらにその需要も増え続けています。

今や、事務をこなす人や情報系企業に勤める人にとっては必須の資格も
多いようです。

パソコン資格として、名前もそのままのパソコン検定(通称;P検)があります。

これはパソコン業界の標準的な試験に位置づけられています。

知識から技術まで広く問われているため、就職・転職、企業側のスキルチェックなどに活用されています。

その他には、国家資格で比較的取得しやすい資格として、初級システムアドミニストレータ試験(通称;初級シスアド)が挙げられます。

これは、ネットワーク利用者側において、情報技術に関する一定の知識・技術を持ち、業務の情報化を利用者の立場から推進する役割を持つ者を指す資格です。

パソコンだけではなく、その周りのネットワークまでもの知識と技術を必要とします。

この資格には上級もあり、こちらはさらに、企業の業務、ビジネス戦略などを把握し、そのうえで業務システムと情報システムの支援を行うものとなります。

これらの資格はほんの一握りに過ぎません。

そのほかにもパソコン・情報に関する資格は、CADやMIDI、MOSなどをはじめ、国家資格からベンダー認定まで50種類をはるかに
超える数が存在しています。

必要かどうかを見極め、適正な資格を選ぶ必要かもしれません。
posted by 営業マン at 11:30| 資格取得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。